釣り仕様のハイゼットカーゴを車中泊仕様にする

キャンピングカー

今回は、以前書いたこちらの記事が人気なので、前回あまり触れなかった車中泊の方を書いてみることにします。

釣りに車中泊にハイゼットカーゴは相性がいい
愛車のハイゼットカーゴがもうすぐ2回目の車検を迎えようとしています。 早いもので購入からあっという間に4年も経ってしまい、すでに走行距離5万を超え、ちょっと乗りすぎですかね。4WDなので、釣りにキャンプにスキーに大...

 

車中泊にはキャンピングカーを使うので、ハイゼットに寝ることは基本ありません。

ただ過去に一度だけ車中泊したことがあり、その時は快適に眠ることができました。

それ以降ハイゼットでの車中泊はなかったのですが、先日昼寝する機会があって、その時改めてハイゼットを車中泊しやすいよう改装しようと決めたのです!

まず最初は遮光カーテンから

まず最初に着手するのは、安眠に重要な遮光カーテンから!

実は以前、窓に吸盤で貼りつけるタイプの物をアルミマットで自作したことがありましたが、厚くて大きいために収納場所に困ったので結局やめました。

やはりキャンピングカーと同じように、場所をとらない布製のカーテンがいいなと思ったので、今回はニトリの遮光カフェカーテン(135×60)を使って作りました!

長いのでカットして、端をミシンで始末してサイズ調整。

各窓のサイズごとに作ったら完成~♪

 

もともと穴が開いてるので、ハトメも必要なくて楽でしたね!

窓には100均で買った透明の小さいフックが付けてあってそこに引っ掛けただけですが、取れないのでこれで十分です!

これの便利なところは、後部座席の日差しがきつかった時に、カーテンとしてすぐにつけられるところかな。普段使いにも便利なのがいいと思う!

布団は頭上に収納

次は布団ですが、私はしまむらの130㎝ロングクッションを使ってます。

でもこれからの暑い季節は、ニトリのひんやり素材のお昼寝布団なんていいと思いますね。

敷布団は足先までいりませんから、コンパクトな子供用がベスト!

 

頭上には100均で買ったワイヤーネットをインシュロック(結束バンド)で固定して、お休みセット(布団・カーテン・枕)を収納。

 

 

ラゲッジスペースには、小物を収納するための引き出しも配置。

 

写真の引き出しはこれ。

 

寝るときは荷物を片側に寄せてシートを倒せば、足を延ばして寝られます!

 

ハイゼットカーゴ専用網戸も

使わない釣り道具は持ち込まない

釣り道具は左から、バス用、エビ用、タナゴ用に箱をわけてあるので、その日の釣りに合わせて必要なものだけを持っていくようにしています。

最近盗難が増えてるので、使わない道具は車に残さない!これ鉄則ですよね。

見えないようにするだけじゃなく、貴重品は残さないようにした方が安心。

 

私一人でふらふらと車中泊の釣りにでかけたら家族に何を言われるかわからないので、行く時はもちろん家族全員一緒で(≧∇≦)

そうするとハイゼットでは手狭なので、来月はキャンピングカーで八郎潟まで行ってきます。