釣り用のウェーダーは、安全重視で選ぶのがおすすめ

バス釣り/フローター

コスパ重視ではなく、安全に釣りするために必要なウェーダーの選び方を紹介します。水辺で滑ったり転んだりするのが一番危険ですから。ウェーダー選びは慎重に。

ウェーダーの素材は大きく分けて2種類

ウェーダーには夏用のナイロンと冬用のネオプレーンの2種類があります。夏だけならナイロンで十分ですが、秋から冬にかけてはネオプレーンが暖かくてお勧めです。

ネオプレーンがあると釣りの幅が広がり、よりフローターを楽しめるのではないかなと思います。

ホームセンターなどで扱ってるPVCウェーダーは安いですが、ゴワゴワして履き心地が悪いのでオススメしません!

フェルトソールがおすすめ!

ソールはフェルトとラジアルの2種類があり、こだわりがなければフェルトをお勧めします!

斜め護岸から入水する時は滑るので、フェルトソールが無難。荷物を運ぶ時はふつうの靴を履いてると思うから、ウェーダーがラジアルである必要はありません!

もしエントリーポイントまでウェーダーで長距離を歩く場合でも、水際で滑る危険を考慮してウェーダーは選んだ方が安全に浮けますしね。舗装路や砂利道もフェルトソールで歩けますから。

私が一人でフローターやってて危ないと感じるのはいつも水際です。

フェルトソールが剥がれたら

霞ヶ浦のような砂地でウェーディングする時もフェルトで大丈夫。

フェルトソールは使いこんでも減ることはないですが、剥がれることがありますよ。

そうなったら寿命と考えてウェーダーを買い替えるか、いっそソールを全部はがしてしまうのも手。

一番危ないのは、ソールが半分はがれた状態で使ったり、中途半端にボンド補修することだと思うので、それならはがしてしまった方がまだマシかな。

きれいに接着できてれば良いけど、剥がれたソールが引っかかって躓いたり、水際で滑って転んだりするとほんと危険ですからね。

チェストハイを選ぶ

座面が高いフローターだとウエストハイで大丈夫なこともありますが、入水場所によってはそれじゃ足りないことがあるため、とあえずチェストハイを選んでおく方が無難です。

霞ヶ浦の護岸沿いはそれなりの深さがあるので、本湖で浮く時は短いと困ります。もしウェーディングすることになっても使えますからね。

ネオプレーンウェーダーは大きめを

私のはプロックス4mm厚のフェルトソールで使用は20回くらい。今のところ浸水はありません。

ネオプレーンのウェーダーはピッタリしてるものが多いので、ワンサイズ大きいのを選んだ方が脱ぎ履きは楽ですね。

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー(フェルトスパイク) Lサイズ PX8725L
プロックス(Prox)
¥13,583(2022/10/18 10:18時点)
ウォームロック&ウォーターガードのW2マテリアルを採用し、高い保温性能と防水性能を確保したチェストウェダー。

ちなみに私はLサイズ。

ナイロンウェーダーも大きめを

ナイロンはジャストサイズで大丈夫なものが多いですが、靴のサイズが予想以上に小さいのがあるので、やはりこちらもワンサイズ大きいものをお勧めします。

ちなみに私はLサイズ。

ウェーダーが大きくて困ることはまずありません!

今季もネオプレーンの出番です!

10月に入って水温が下がったので、いよいよネオプレーンの出番がきました!

おかげであったかく釣りすることができてますが、釣果の方は釣れてはいますがイマイチかな(笑)

その時の記事は後日アップしますね。

タイトルとURLをコピーしました