2022年9月!増水と濁りの霞ヶ浦水系で40upまで5匹釣る方法

バス釣り/フローター

2022年9月25日。台風による大雨と濁りと増水の中40upを頭に5匹釣れました!

私の釣り方を参考にしてくれる人が増えて、それで釣れたよーって言われると嬉しいよね。なので今日は、このチャンスの日にどう狙ったかを書いてみます。

大雨で大増水で劇濁り

この日の霞水系はどこも増水と濁りでひどい状況。そのため水位が安定してるエリアでフローターを出すことにしたけど、劇濁りに大苦戦でした。

久々にあんまり釣れない日だったけど、40upを筆頭になんとか5匹だけ釣った。まぁこの状況で5匹は良い方だと思うことにします!

しかしほんと秋はシビアです。いつまでも夏の釣りを引きずってるとボウズもあり得ますよ。早く秋の釣りに切り替えないとね。

とにかくアピール!

ひどい濁りの中でバスにルアーを見つけてもらうためには、とにかくアピール!色、音、波動、こういう時の基本に忠実に行きます!

とりあえずセンコーのワッキーがけを試してみると25㎝くらいの一本釣れました。秋と春はやっぱりワッキーだよね。

でも後が続かない。

もしかして川の真ん中にいるんじゃないかと思ったらやっぱりいたけど、真ん中は小さいのしかいないよね。釣れたけどサイズダウンしてしまった。

久々の40up

そしてあんまりにも釣れないから、少し車で移動。次の場所に入水後、すぐゴミだまりの下から40upが出た!!

スティーズホグのダウンショットを張り出した葦の横に落としたら釣れたね。やっと会えた40up。

ダイワ(DAIWA) バス ワーム スティーズ ホグ 2.2インチ 霞ジンゴローム ルアー
ダイワ(DAIWA)
¥726(2022/10/03 20:26時点)
ダウンショット、キャロライナ、スモラバトレーラーでの使用を考えた2.2inch。マテリアルは、オリジナルサイズの3inchと比べ更に柔らかく設定。繊細なアクションにも機敏に反応し、フレキシブルにアクションしてくれる。塩の量は、多めに設定。スモラバトレーラーでの飛距離UPとフォールスピードを考えたマテリアルとなっている。ボディ形状は単純な等縮による小型化を行わず、ヘッド部分を太くすることでオフセットフック、スモラバのワイヤーワームキーパーで裂けてしまう現象を軽減。特にスモラバトレーラーでの使用を意識し、フックセットアシストマーカーをボディに配置。リブを埋めてしまうことでフックのホールド力が増し、より快適な釣りを実現する。

前日はかなりの大雨で大量の水が流れた後。この時もまだ若干の流れがあり、水が滞留しやすいくぼみで休んでるバスが少なからずいるだろうと思って狙ってた。

同じパターンで32㎝と29㎝

同じパターンでやってくと、今度は32㎝。やっぱこれかー、これだったかーと確信。

その次も同じパターンで29㎝を追加。パターンつかむとチョロいな。

このパターンなら無限に釣れそうな気がしたけど、この日は1時間で切り上げるしかなくて仕方なく帰ることに・・・残念!!でも1時間で3匹はいい方だよね。

実はこの後どんどん濁りがひどくなり、さらに釣りにくくなってきています!

でもそこは霞水系だから釣れないことはなく、厳しい状況でも釣れる楽しさがありますよ!

<2022年フローター釣行46日 釣果合計>

<ギル>108
<バス>47×1, 45×1, 42×1, 41×3, 40×2, 38×2, 35×4, 34×2, 33×5, 32×16 31×7, 30×18, 29×10, 28×12, 27×15, 26×10, 25×25, 24×19, 23×25, 22×22 21×11 20以下×110

<2022年おかっぱり釣行3日 釣果合計>

<ギル>4
<ラージマウスバス>30×1, 29×3,  25×2, 27×2, 20以下×5

バス合計335匹

タイトルとURLをコピーしました