【霞ヶ浦のタナゴ釣り】冬タナゴのポイントは、研ぎ針と小さなアタリを拾うこと

タナゴ釣り

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末から寒波到来で寒かったですね。

関東は晴れてたので、大みそかまでの3日間はタナゴ釣りに行っていました!

あまりに寒くて2時間が限界ですが、それでも毎日5~60匹釣れてたのでまぁまぁだと思います♪

冬タナゴを釣るポイントは針の大きさ

冬のタナゴ釣りで一番大事なのは針でしょうか。

私は針のアゴから針先までの長さが違うものをいくつか揃えいて、短いものから試しています。

針先が一番短いタイプの魅玄タナゴ。

これでバレやすければ、次に短いまるふじの別誂くのいちに変えます。

それ以上は、オカメや三腰などの研ぎ針を揃えておくといいですね。

私はオーナーたなごハリスを使って結んでます。

冬タナゴの居場所を探す

基本水がきれいなところにしかいなくて、濁ってる所はクチボソやフナがメインでしょうか。

強い流れじゃなければ流れがあっても平気で、むしろ登っていくこともあります。

暖かい場所を好み、水深が浅い水たまりのような場所に溜まってることがあります。

冬は深場って信じてる人が多くて、最近はネット情報を信じて深場をやってる人も多いですが。

こんな水たまりを見つけられたらラッキーです♪

ここでは1時間半~2時間で最大60匹程度釣れました。サイズもまぁまぁよかったですよ。

この場所は3日間限定で出現し、4日目には消えてなくなりました。

タナゴが移動した先を探す

水たまりが消えたらあれだけいたタナゴが消えてしまったので、どこに行ったのか探してみました。

すると、答えをカワセミが教えてくれましたよ♪鳥の動きも観察するといいですね。

その場所を狙ってみると、いましたいました!

コブナやクチボソも多かったですが、タナゴもいましたね。

元旦は最高気温6℃でしかも強風という底冷えする寒さだったので、この日は防寒装備です!

しかしあまりの強風でアタリがわからなかったので、30分でやめました(笑)

結果釣果は3匹でしたが、ボウズはありませんでしたね。

餌はバラけ具合を見て調整

餌の配合にこだわる人は多いですが、正直なんでも釣れます。ただのグルテンで十分。

ただしバラけ具合は気にした方がよく、何回か打ち直して針に残ってるくらいが目安。

残らない場合は黄身ねりをミックスしてください!

マルキューの黄身練りなら間違いないです。

全部合わせても付属のスプーン一杯だけで十分。(但し黄身練りは少なめにしないとベタつくので注意)

グルテンはマルキューのたなごグルテンがベストです。

私はこれにあともう一つ混ぜてますよ!

マルキューの凄グル!この3つがあれば確実でしょう!

冬でもぜったい釣れます

タナゴ坊主ということはあるけど、何も釣れないことは基本ありません。

もしアタリも感じられないという人は、釣り方を変えた方がいいと思います。

霞ケ浦は、冬でも間違いなく釣れますから。

ただし魚のいない場所でいくらやってても釣れないので、3~4投して反応なければ移動しましょう。

見極めが大事なので、移動しながら魚を探してみくださいね。

コメント

  1. あけましておめでとうございます~!
    本年も昨年同様、よろしくお願いいたします。

    タナゴ釣り(小物釣り)というと
    まるで子供や年寄りの趣味の様に思われがちですが
    元々マニアックで雅な釣りのヒトツ。

    鱗を縁取る黒い線だったり、
    青く光る魚体だったり。

    競技は手のひらに何枚のタナゴが乗るかを
    競うんでしたっけ?俺が昔近所の用水で
    タナゴ釣りしてた時は大きいのが釣れると
    凄く嬉しかったですが
    (タイリクは大きくて色も良く好きでした)

    まぁ・・・
    その日釣れた釣果の中から
    ウチで飼ってたピラニアの
    餌に持ち帰ってたのですけどね(;´Д`)
    雅で無いですねw

    それでは寒い中、風邪など引かれぬ様
    お気をつけください(^^)

    • かしママかしママ より:

      変な釣り人さんあけましておめでとうございます。
      こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

      そちらは大雪で大変でしょう?
      ニュースで見るたび「大丈夫かな?」って心配してますよ^^

      ほんと、マニアックでディープな世界ですよね。
      あんなに小さな仕掛けや針を70、80の年輩者たちが
      ルーペを使って作り、それで釣りをするんですよ。

      しかもその人たちが作る竿や仕掛けが秀逸で、
      その見事な手仕事には関心させられます。

      そしてタナゴの青や赤は、熱帯魚や金魚のような派手さはないけど
      ほんときれいですよね。
      釣ったタナゴは水槽に入れて夫が世話してますが、
      大きくなると色が濃くなってもっときれいなんですよ。

      ピラニアに食べさせたくはないけど(≧∇≦)
      いや、ピラニアって飼えるんだって新たな発見でした!

タイトルとURLをコピーしました