アウトドア用品

【コールマン413H】改造ツーバーナーの耐熱塗装その1

記事内に広告が含まれています。

改造ワンバーナーの塗装に着手します。以前の記事からの続きです。※ステッカーはリサイクルしてます。

改造ガソリンツーバーナーをいただきました!
コールマンのガソリンツーバーナーを、シングルバーナーに改造したものをいただいてきました!少々錆や汚れも目立ちますが、錆びを落として耐火塗料で塗りなおしてきれいにしたいと思います!

耐熱塗料って高価ですね。シルバーや黒など暗い色は汎用品で安く買えますが、赤や黄色などの色物が高い・・・・

私は全体を銀色に塗って風防だけを赤にしたかったのですが、赤い耐熱塗料が思いのほか高いので、黒にしようかな?とただ今絶賛悩み中・・・黒もかっこいいですからね。

耐熱600℃と200℃の塗料

まずは銀色ですが、こちらはマフラー用で安く手に入れることができました。

仕上げにクリアーを吹き付けないと塗装の色が手や服につくので、できれば吹いた方が良いと思うけど、私は吹き付けていません。

問題は赤の方。当初ブレーキキャリパー用の赤を検討しました。一応耐熱なんですが、その温度は200℃で少し低いのです。それでも使う部分によってはいけるかな?と期待してみたり・・・。

だいぶ悩んだんですが、一人じゃ判断できなかったので実店舗を訪ねてみました。

店員さんの考えは

使ってるうちに色が黒ずんできてしまうかも?

という曖昧な返答ではありましたが、そこが一番不安なところでもあったので、やはりこの塗料は止めにします。

こちらは青色ですが約600度に耐えられるようです。

分解掃除

最初は分解せずに作業しようと思っていたのですが、こびりついた油汚れをどうしてもきれいにとりたくて、思い切って分解掃除することにしました!!!

もともとはリベットで止まってたようなんですが、改造の段階で小さなボルトに付け替えられていたため、バラすのは意外と簡単でした。

しつこい塊の油汚れはドライバーでガリっとはがし、こびりついた汚れは紙やすり、金ブラシ、消しゴムタイプのさび落としなどを使って落としていきます!!!

大体落としたところでヨシとしちゃいましたけどね(笑)

2023年12月追記:この作業からもうじき4年ですが、サビで浮いてきたり塗装が剥がれたりはしていません。雑な作業でも全然大丈夫ですね。この当時のまま綺麗です。

ステッカーの剥がし方

ステッカーの剥離剤というものがありますが、あれを使わずにきれいに剥がす方法がありました!

ステッカー部分を熱湯に近いくらいのお湯につけるときれいにはがれました。わりとするっと取れたので、きっと後できれいに貼れるでしょう。

剥がしたステッカーは、ジップロックに貼り付けてとっておきます。

やっぱこのステッカーがないとコールマンじゃない!!!そこにはこだわりたいのです!

2022年7月追記:ステッカーにはボンド接着など施してませんが、2年経過してもそのまま貼りついています。多少の浮きは見られますが、そのままで何も問題ないレベルで使っています。

いざ塗装

油汚れはきれいに取れたので、全体を紙やすりでこすってから、スプレーで塗装していきます!

塗装の様子は次回の記事でアップしますね。

【コールマン413H】改造ツーバーナーの耐熱塗装オリカラ完成
シングルに改造したコールマンツーバーナーをオリジナルカラーに仕上げてみました。ステッカーも貼り直し、かっこよく仕上がってます!
アーカイブ
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへバス釣りランキング
更新をメールでお知らせします!
インスタもやってます