【コールマン413H】改造ツーバーナーの耐熱塗装その1

アウトドア用品

霞ヶ浦のワカサギ釣りも禁漁期に入りました。

さぁて、コールマンの改造ワンバーナーの塗装に着手しますか!!!

 

だけど耐熱塗料って高価ですね。シルバーや黒など暗い色は汎用品で安く買えるんですが、赤や黄色などの色物が高い・・・・

私は全体を銀色に塗って風防だけを赤にしたかったのですが、赤い耐熱塗料が思いのほか高いので、黒にしようかな?とただ今絶賛悩み中・・・黒もかっこいいですからね。

耐熱600℃と200℃の塗料

まずは銀色ですが、こちらはマフラー用で安く手に入れることができました。

 

 

 

しかし問題は赤の方。当初こちらのブレーキキャリパー用の赤を検討しました。一応耐熱なんですが、その温度は200℃で少し低いのです。それでも使う部分によってはいけるかな?と期待してみたり・・・。だいぶ悩んだんですが、一人じゃ判断できなかったので、実店舗を訪ねてみました。

 

 

店員さんの考えは

 

使ってるうちに色が黒ずんできてしまうかも?

という曖昧な返答ではありましたが、そこが一番不安なところでもあったので、やはりこの塗料は止めにします。

 

赤の場合600℃にも耐えられるのがこちらの商品です。

 

分解掃除

最初は分解せずに作業しようと思っていたのですが、こびりついた油汚れをどうしてもきれいにとりたくて、思い切って分解掃除することにしました!!!

 

 

もともとはリベットで止まってたようなんですが、改造の段階で小さなボルトに付け替えられていたため、バラすのは意外と簡単でしたね。

 

しつこい塊の油汚れはドライバーでガリっとはがし、こびりついた汚れは紙やすり、金ブラシ、消しゴムタイプのさび落としなどを使って落としていきます!!!

 

大体落としたところでヨシとしちゃいましたけどね(笑)

ステッカーの剥がし方

ステッカーの剥離剤というものがありますが、あれを使わずにきれいに剥がす方法がありました!

ステッカー部分を熱湯に近いくらいのお湯につけるときれいにはがれました。

わりとするっと取れたので、きっと後できれいに貼れるでしょう。

 

 

剥がしたステッカーは、ジップロックに貼り付けてとっておきます。

 

やっぱこのステッカーがないとコールマンじゃない!!!

 

と、そこにはこだわりたいのです!

いざ塗装

 

油汚れはきれいに取れたので、全体を紙やすりでこすってから、スプレーで塗装していきます!

 

塗装の様子は次回の記事でアップしますね。

 

小さく改造するのが難しい人は、若干コンパクトな425を選ぶのもいいですね。

使ってる人が少ないので、目立つと思います!