スキー

令和のスキー&スノボで使う無線!インカムトランシーバー

記事内に広告が含まれています。

ソロスキーにぼっちスノボを楽しむ人はまだまだ少ない印象ですが、おひとり様でも楽しく滑れるアイテムを紹介します!

私は息子と二人で行っているのですが、ペースが合わないので滑る時はほぼ別々。

なのでお互いの居場所を把握するために、リフトに乗ってる時はいつも息子とトランシーバーで交信しています。

最新アマチュア無線

私たちが使ってるのはアマチュア無線で、スピーカーマイクでの会話がメイン。

この令和のスマホ時代にトランシーバーなんて使う意味ある?と思われるかもしれませんが、実際使ってみるとスマホよりトランシーバーの方が断然優位に感じています。

理由は、①着信を取る手間がいらない ②複数人で通話可能 ③スマホの電波が悪くても使える ④無料

などがあげられます。

特に「電話に出る」という動作がないのがとりわけ大きく、滑ってる時でも相手から交信があればスピーカーから聞こえるため取り逃しがありません。←これが一番のメリット

最近は免許不要で使えるデジタル簡易無線があり、出力5Wならアマチュア無線と同レベルの交信が可能ですので手軽に始めることができますよ。

価格の安い特定小電力トランシーバーは子供のおもちゃとしてならいいですが、スキーではほぼ入らないのでオススメしません。

スマホではイヤホンマイク

ですがもちろんスマホも平行して使っていて、スマホではイヤホンマイクを使って会話します。

ワイヤレスだと紛失の恐れがあるため有線タイプを使っていて、接続が不安定なbluetoothよりもUSBやイヤホンジャックを使ったものの方が便利。

最近はスマホを無線機として使えるアプリもあるようで、そういうのを使うのも面白いと思います。

無料のアプリは交信時にスマホ操作が必要になることがあって使い勝手がよくないですが、有料だともっと便利に使えるのもありそう。

私たちの場合会話は無線で、スマホはお互いの位置情報を知るために使っていますよ。

お一人様の楽しさもある!

一人でリフトに乗る時、同じく一人で乗る方と一緒になる時があって、たまに挨拶から会話に発展する時があるのですが、それこそがお一人様の魅力だと私は感じます。

初対面の人でも何気ない会話とか情報交換で話が弾むとものすごくハッピーになりますよね!

相手もそう思ってくれてると嬉しいのですが、ほんとは誰かと会話するための道具なんて必要ないのかもね。

先日は私の前のリフトに一人で乗ってた人がペットボトルを落とし、それを私が見てたことをきっかけに話が弾んだことがありました!

そういう小さな出会いにささやかな喜びを感じられるのもおひとり様の魅力かな。

令和のアマチュア無線はD-STAR

最近のアマチュア無線はデジタル化され、ICOMだとD-STARに対応してるので、レピータを経由して世界中の人と交信することができます。

そしてGPSも内蔵されてるので、2台で使えばお互いの居場所が特定できてしまうのです。

スマホでは当たり前にできることだけど、それが無線機でできるっていうのがすごいなーと思いますね。

私たちが使ってるハンディは昔ながらの144/430Mhzの2バンドなんですが、こちらの機種は1台でデジタルもアナログも両方使える優れものです!

今度はデジタル無線も使ってみたいと思っています!

コメント