キャンプ桧原湖

雨や強風のキャンプでも楽しく過ごすためのゴアテックスレインウェア

記事内に広告が含まれています。

なぜかいつもキャンプは雨ですが、雨だからキャンプを止める選択肢などありません!

どんな天気でも楽しく過ごせる装備があれば、お天気に左右されずに楽しめると思います!

雨の中での撤収

今回は完全雨撤収だったため、ぐっしょり重かったメッシュエッグを家に帰ってからシトシト雨の中干し続けること2日!

ようやくパリッと乾燥したのでしまうことができました。何せこんな状態でゴミ袋撤収してきましたからね。豪雨に雷雨に強風のキャンプはいつもなので慣れっこです!

風と雨が正面から吹きつけるような湖畔サイトを選んだ人は大変なことになって撤収を余儀なくされていました。

そんな状況で管理人さんは私たちを心配してくれましたが、装備がちゃんとしてればそんな天気も以外と楽しいもんです!私は嫌いじゃありません。
でも5日間のうち晴れたのが1日ってのは、さすがに日ごろの行いが悪すぎだなって思いましたけど。

まさかの豪雨

雨の様子が写真ではわかりづらいのですが、テント内で人の話が聞こえないレベルといえばお分かりいただけるかと思います。とにかく土砂降りのものすごい雨でした

ここに強風も加わったため、夫が張り綱を追加していました。テントは夫の係です。

こっちの出入り口は風下なので開けっ放しでも平気。これが5日間のうち3日間続くんですから、当然雨を楽しむための装備が大切です!!!

レインウェアと長靴があれば怖くない

雨キャンプで大事なのは、レインウェアと長靴と傘ですね。

中でもレインウェア。これは必ずゴアテックスを選んでください。

まずキャンプ用品店で売ってるポンチョのようなものはだめですね。風でヒラヒラしてフードは飛んでズボンの裾も濡れますね。

人気のワークマンもレインウェアはおすすめしません。

ゴアテックスに似た透湿素材のレインウェアがありますが、あれは着心地が全然違うので絶対後悔します。

おすすめのゴアテックスレインウェア

私のは15年くらい着てるコージツブランドのゴアテックスですが、夏はカッパの中が汗でびっしょり・・・なんてことはなく、浸水もしません。

そろそろ縫い目の部分のテープの剥がれが出てきましたが、今のところはまだ補修しながら使えてます。生地が浸水することもなく、蒸れもないのでいつも快適です!

ゴアテックスのレインウェアは全体的に高価ですが、こちらは比較的お買い物求めやすい価格で買えます。

マムートは品質がよく、私的にはこちらがおすすめです。

おすすめの長靴

長靴もなんでもいいわけではなく、収納しやすいふにゃふにゃした長靴が流行ってますが、あれだと雨のとき履きにくいです。足を入れる部分が地面についてしまうため、中が濡れて外に出るのが億劫になってしまいます。

あとどうせ濡れるからという理由でクロックスみたいなのもお勧めしません。土の中にはダニもいるので。

そこで自立できるニーブーツをお勧めします!

おしゃれ長靴と違って細身じゃないため、雨の日の脱ぎ履きがとてもしやすいです。テントから出る時って家の玄関と違って支えがなくてなかなか大変なので。

傘もあると便利です

最後に傘。レインウェアがあるからいらない?と思われがちですが、あった方がいいですよ。折り畳みじゃダメです。長い普通の傘です。

雨のときは大抵風も吹いてるので折り畳み傘じゃ役に立ちませんし、置いておく場所がありません。トイレや炊事場に行く時に必要なので、傘も用意します。

こんな感じで我が家は悪天候を楽しみながらキャンプをし、釣りもします。装備がちゃんとしていれば雨だから何にもできないってことはなく、楽しくキャンプできますよ!